Recent Posts

0.1mmのデザイン

March 14, 2015

「0.1mmの妥協も許さず作りました。」

「0.1mm単位で微調整して作りました。」

 

というデザイナーの言葉を聞いたり目にしたりしたことはありませんか?

0.1mmというと、名刺が55mm×91mmなので、それがどれくらい小さい単位かお分かりいただけると思います。

 

実はこの0.1mmという単位、デザイナーがよく使うイラストレーターというアプリケーションで、作業時の単位として設定することができます。カーソルキー(→)を押すとどれくらいの単位で移動できるか、という設定ができるというものです。実際、カーソルキーでデザインを移動させるなどよく使うので、ほとんどのデザイナーはこの設定を自分の好きな単位で設定していると思います。デフォルトは、0.353mmですが、僕は0.1mmという設定にしています。

 

 

 

しかし、この0.1mmという単位。実は比較する対象によって、その大きさの感覚変わってきませんか?

文書で一般的に使われるA4(210mm×297mm)に対しての0.1mm、名刺(55mm×91mm)に対しての0.1mm、下の写真・80円切手(28mm×37mm)に対しての0.1mm。

 

極細と銘打って売り出しているPILOTのHI-TECH-Cというゲルインクタイプのボールペンがあります。僕も愛用しているのですが、なめらかでかすれることなく安定した線を描けるので重宝しています。このHI-TECH、一番よく目にするものが0.4mm芯のものです。左の絵がその0.4mmのHI-TECHで描いた絵ですが、これに対して0.1mmは細いと思いますか?太いと思いますか?太いような細いような…ちょっとよく分かりませんよね(笑)

 

 

では、こう考えてみませんか?

 

名刺で、0.1mmをこだわってデザインしたとします。

もし、この名刺を6畳の部屋サイズに拡大したとすれば、どうでしょう?

江戸間2610×3520mm・中京間2730×3640mm・本間2860×382mm

この短辺の平均は、2733mmとなります。

これと名刺の短辺55mmを比べると、6畳間の短辺は名刺の約50倍の大きさになります。

 

つまり名刺においての0.1mmは比率からすると、6畳間においての5mm程度になります。

 

その6畳の部屋で人がいたとします。世界で最も有名な女性といってもいいモナリザの絵を拝借してみますね。

そのモナリザの顔を、顎から頭までの一般的な女性の顔の縦のサイズ23cmと仮定して、5mmのほくろをモナリザに配置してみると…

 

以下のようになります。

 

 

どうでしょう?

5mmという単位はとても小さく思えますが、6畳間で出会った人の額にほくろがあるかないか、印象が全然違いますよね。

 

要するに、デザイナーの0.1mmというのはそういうものなのです。単位でみると小さいですが、与える印象は単位以上のものです。こうした単位の中で作業をする人としない人とでは単位に関する考えや感覚がまったく違います。デザイナーにとっての0.1mmはとてつもなく大きなものなのです。ただそれはデザイナーではない人にとっても、こうして説明されると同じように大きなものであるはずなのに、いかにもすごいもののように思えてしまう。一種の数字のトリックなのです。

 

では、0.1mmにこだわるというデザイナーは、どういう意図でそう言っているのでしょう?

 

0.1mmをこだわる「こだわりのデザイナー」というブランディング?

それとも、こうした相対的な単位をわからずに話しているナルシシズムあふれるロマンチスト?

単に当たり前の事実として淡々と語っているだけ?

 

こうした視点でデザイナーと話をしてみると、その人となりがよくわかるかもしれません。

 

ちなみに僕は、こうしたデザイナーにとってのアドバンテージを解体し、ネタばらしをすることがほとんどです。それに、自分に発注がきた仕事でも、作ることが不要ならば不要と言います。それはある意味「本当のことを言うデザイナー」というブランディングなのかもしれませんが、盛ったり背伸びしたり不要なものを重ねたりしても、後々無理がくるということを知っているからなのかもしれません。まぁ、面倒くさがり、というのが一番の理由かもしれませんが。

Please reload

March 14, 2015

Please reload

Archive
Please reload

Search By Tags

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Copyright © 2015 デザイン事務所みやびや (Design Office MIYABIYA) All Rights Reserved.